スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凄すぎる!圧倒的な世界観を放つ音楽【シネマティックサウンドBGM】

12 22, 2014 | Tag,お知らせ
今、壮絶な戦いが始まる


“シネマティックサウンドBGM”
この言葉、音楽のカテゴリーとしてはあまり馴染みがないかもしれないが、ただの音楽と思うなかれ。
実は…これが、とんでもない楽曲だった!

壮大なスケール感で迫りくるオーケストラは、聴くものすべての魂を鼓舞し、恐怖に立ち向かう意志を奮い立たせてくれる。
かつて、これほどまでに強く音楽の存在意義を示したものがあっただろうか?
聴けば納得、誰しもの心に強烈に響くはず、これこそが“現代における至高の音楽芸術”であると…。
(※音量にご注意)

(光栄にも私のイラストを使って頂きました)
作曲したのは、海外を拠点に活躍されていた日本人音楽クリエイターの謝謝Pさん。

ニコニコ動画を中心に幅広い作品を多数発表され、初音ミクオリジナル曲である『永遠花火』で見事VOCALOID殿堂入りを達成。あまりの人気ぶりにカラオケでも多く歌われるほど熱狂的な支持を集める。そのほか数々の名曲を生み続ける新進気鋭の作詞作曲家であり、その確かな音楽的知識とセンスに裏打ちされた豊かな表現力は聴く者の心を強く惹きつける。

温かい人柄からは想像できないほど鋭く研ぎ澄まされた感性を持ち合わせており、時に切なく、時に激しく、まるで魂を揺さぶるかの如く、彼の紡ぎ出す感情を持った旋律はまさに芸術!
そして、何といってもポップスからオーケストラまで手掛ける音楽性の幅広さとその完成度の高さには驚かされる。

わずか1分半ほどに凝縮された高密度の激情は凄まじい迫力を放ち、力強さと勇壮さに包まれ、涙が溢れるほど美しくドラマチック。
聴き手を、遥か遠い別世界へと連れて行ってくれるだろう。



以下のリンク先から謝謝Pさんの素晴らしい音楽作品を数多く聴けます。
思わず驚嘆の声を上げること間違いなし!
それでは、壮大なイマジネーションの旅へと行ってらっしゃいませ!

■謝謝P様のブログ
魔界Symphony
http://kkpf2.seesaa.net/

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in ▼NEWS

DRAGONIX 【ドラゴニクス】へようこそ

12 11, 2014 | Tag,お知らせ
当サイトは、迫力のあるドラゴン(竜・龍)や、巨大なモンスターなどのイラストや絵を中心に、 短編小説ストーリーなども載せた幻想的なファンタジーの世界を表現した、IWAOのブログです。
※少々見づらい部分がありますが…更新しながら修正&改良していきます。


0 CommentsPosted in ▼NEWS

現れた伝説

12 11, 2014 | Tag,物語

轟く雷鳴 /


誰も近寄ることのない迷霧の沼に、乾季の数日にだけに現れる不思議な浮島があるという。
島中央には勇気を持つ者だけが手にできる露命の樹が生え、その枝葉はあらゆる病に効くと伝わる。

村に蔓延する死の疫病を治す為に、また一人、名もなき勇者がこの沼へと踏み入ったが、未だかつて無事に生還した者はいない。

▼GALLERYを見る

2 CommentsPosted in ▼STORY

姿なき山岳の殺戮者

12 08, 2014 | Tag,物語
_dragonix_iwao008.jpg

天を裂く影 /

険しい山々に隔てられた砦が補給線を絶たれたと判断した軍は、運べる限りの物資と調査任務を託し予備隊を派遣した。

途中、山をひとつ越えた野営地で一晩過ごし、翌日ふたつめの峠に差し掛かった時、一行が目にしたものは凄惨たる光景だった。
壊滅した補給部隊の荷馬車が散乱し、兵士の亡骸に何者かと争った跡が刻まれていた。
目指す砦に残された兵士の安否を気に掛け焦燥に駆られた一行は、その場を後にした。

山を下り、ようやく麓まで来たが、何かの異変に気づく。
付近を調べてみると、近くの沢で今度は砦からの伝令兵の亡骸と一通の書簡が見つかり全員に戦慄が走った。

“ 我々の認識は甘く、彼らは想像以上に狡猾だ、不意を突かれ思わぬ反撃に遭い、日に日に形勢は不利に傾きはじめた。
更に悪い事に、補給部隊が未だ到着せず物資が底を尽きはじめる。事態は一刻を争う為、至急援軍及び今一度の物資の補給を切に願う ”
末尾に“ この伝令が我々最後の望みである… ”とあり、日付を確認すると十日ほども前に書かれたものだった。

絶望的な状況に一行は愕然と肩を落としていると、突然大きな影が空を横切り、恐ろしくけたたましい声が耳を突いた。
遠くの山では不穏な暗雲が立ち込めはじめていた。

大きく旋回しながら、しだいに近づく羽音を聞きながら、圧倒的な恐怖を前に兵士たちは、竜の地へと赴いたことを後悔した。

▼GALLERYを見る

0 CommentsPosted in ▼STORY

世界の始まり~天地創造~

12 03, 2014 | Tag,物語
_dragonix_iwao007.jpg

驚天動地 /

この世界の起源は、我々のよく知る世界とは少し違い、森羅万象の理について解釈が少し異なる。

“幾度と終焉を迎え 時代は廻り続ける”

何もなく暗い無の世界に突如として光が現れ宇宙は産声をあげた。
生まれたばかりの宇宙は砂の粒よりも小さかったが、この世界を創る無限の可能性を秘めていた。

世界は混沌に満ち、あらゆるものは輪郭や境目が曖昧だったが、やがて澱んだものは沈みはじめ、澄んだものは浮かび、天と地が生まれる。
対極する二つの力は瞬く間に大きく成長しながら、窮屈となった世界の中で互いに反発し、せめぎ合い、終わることなく戦いを繰り返すうちに空は高く押し広げられ、大地は広く踏み固められた。
時の刻みは一定ではなく、今の我々にとってそれらの過程は一瞬の出来事だった。

そうして世界は大きく無限に広がっていったとされる。

▼GALLERYを見る

0 CommentsPosted in ▼STORY
▼PROFILE

IWAO

IWAO (イワオ)

詳しく見る

ブックマークはお忘れなく!

▼カテゴリ
▼最新記事
▼月別アーカイブ
▼QRコード
QR
▼ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。