スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解き放たれた悪夢

03 23, 2015

悪しき目覚め /


ある日、荒れた海域で漁をしていた船が偶然にも奇妙な壷を引き揚げてしまった。

いつの時代に作られたものなのか、一体どれほどの価値のものかも分からず、
ガラスとも陶器とも、はたまた金属とも判別がつかない、なんとも不思議な材質の壷は船員たちの頭を悩ませた。

さらに不可解なことに、微かに光を透かしてみたり、叩いた音の反響から中身はどうしても空のように思えるのだが、その小さな容積に対して異常なほどの重さがあった。

上部には “ 悪魔を封じし壷 如何なる理由があれど けして開けるべからず ” と記されていたが、
皮肉にも、今では使われることのない古代の文字を読める者は誰ひとりとしていなかった。

それからひと月後、浜に一隻の船が打ち揚げられた。
そこに船員たちの姿はなく、甲板の片隅で網や漁具と一緒に、蓋の開けられた奇妙な壷が発見された。

▼GALLERYを見る

スポンサーサイト
2 CommentsPosted in ▼STORY
-2 Comments
By そにあ03 23, 2015 - URL [ edit ]

エジプトのカノプス壷を思わせるような、そして禍々しい雰囲気の壷ですね。

災いが溢れ出たのでしょうか。そして広がっていくのでしょうか
その後の世界が気になります~

By IWAO03 24, 2015 - URL [ edit ]

コメントとても感謝です♪

さっそく、カノプス壷を調べてみると、なるほどそっくりですね。
初めてその存在を知ったのですが、有名なものであれば、いつかどこかで目にしたことがあって、その印象が少し反映されたのかもしれません。

色んな要素を含んでいますが、はっきりと意識していたのは、
ドーム兄弟という二人のガラス工芸家の工房が生んだ、妖しく美しい作品の造形からインスピレーションを受けたということです。

これからも想像力を刺激するような世界を目指し、画力の向上はもちろんのこと、それにまつわるお話にも力を入れていけたらと思います。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
▼PROFILE

IWAO

IWAO (イワオ)

詳しく見る

ブックマークはお忘れなく!

▼カテゴリ
▼最新記事
▼月別アーカイブ
▼QRコード
QR
▼ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。